スポンサーリンク

【PS3】428 封鎖された渋谷で 紹介&評価

★5
スポンサーリンク

428 封鎖された渋谷でをプレイしました。街の次期作である本作品はコスパの高い神ゲーかどうか評価しました。

このブログではコスパの高いPS3のソフトを
紹介しています。説明はこちらをどうぞ

今PS3をやるメリット(コスパ最高)

ゲーム内容

  • CHUNソフトのノベルゲーム
  • 2009/10/25 発売
  • プレイ時間 約40時間 

Chunソフトのノベルゲームです。Chunソフトといえば、”街”や”かまいたちの夜”で有名です。428は”街”の次期作というような立ち位置で出たのでファンからは注目されていました。

基本的には6人の主人公をベースに選択によるストーリーの変化を楽しむゲームです。選択を間違えるとバットエンドになります。ただ、バットエンドも楽しむのがノベルゲームです。

街に引き続き、個性的で魅力的なキャラクターのストーリーを見ていきます。誘拐事件とバイオテロが全体のストーリーになっていて、これを防ぐのが目的です。

プレイ感想

街のファンとしては待望の作品でした。街を超える名作になるのか心配でしたが、結果的には街と同等の感動、ボリューム的にはそれ以上でした。

どきどきハラハラなストーリー展開は街と同じで、さすがChunソフトだと思いました。メインのストーリーも素晴らしいですが、4つの隠しストーリーも素晴らしいです。また小ネタ要素もたくさんあり、かなり長い時間楽しめる作品です。Chunソフトらしいユーモアと音使いがたまらないです。

すべての要素を完了した時のロス感はすごかったです。しばらくはこんな素晴らしいノベルゲームに出会えないのではないかというようなロス感です。できることならば、記憶をリセットしてもう一度楽しみたいです。

ノベルゲームをやったことがないという人にはまずこれからやっていただきたい作品です。ノベルゲームはプレイ時間が長い傾向があるので、合わない人には合わないかも知れませんが、これはノベルゲームのトップレベルの作品だと思います。

総合評価

★★★★★

総合評価の説明
★5つ:誰にでもおすすめできる神ゲー。キングオブ神ゲー。何周も遊べます。
★4つ:神ゲー。PS3を持っているならぜひやってほしい。
★3つ:ひとにより好みが分かれるところ。やって損はない。
★2つ:中古で安ければやってみるのもあり。
★1つ:あまりおすすめできません。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけると嬉しいです。

ゲームレビューランキング にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました