スポンサーリンク

【PS3】BEYOND: Two Souls  プレイ評価

★5
スポンサーリンク

“HEAVY RAIN 心の軋むとき” の 続編 はコスパの高い神ゲーかどうか評価しました。

このブログではコスパの高いPS3のソフトを
紹介しています。説明はこちらをどうぞ

今PS3をやるメリット(コスパ最高)

ゲーム内容

  • ミステリーアドベンチャーゲーム
  • 2013/10/17  発売 
  • プレイ時間 約15時間 

”HEAVY RAIN -心の軋むとき-”を手がけた「Quantic Dream」 の続編になります。前作と同じく、圧倒的なグラフィッククオリティや、映画俳優を使ったモーションキャプチャ技術によるリアルな描写にこだわっています。

特殊な能力を持った主人公ジョディと彼女だけがコンタクトできる幽霊エイデンを軸に、ジョディ自身の数奇な人生を体験するストーリー。プレイヤーはジョディとエイデンを細かく切り替えながらストーリーを進めてゆきます。

今作もマルチエンディングで、キーキャラクタの生死とラストで選ぶ選択でエンディングが違います。主人公が死ぬことはないので、大きな分岐は発生せず、違うラストが楽しめる程度です。

主人公 ジョディ を演じたエレン・ペイジはラストオブアスのエリーにそっくりですが、こではたまたまでエレン・ペイジではないそうです。エレン・ペイジは映画インセプションで有名です。

プレイ感想

ゲームというよりは”操作できる映画”という感じです。ストーリーは細かいチャプターに細切れになっていますが、各チャプターは時系列ではなく、過去と未来をいったりきたりで時系列がバラバラで進めていきます。そこでストーリーの核となる内容が小出しにされていき、伏線を回収するようになぜこうなったかが合点がいく演出なのでかなり楽しめました。一気にプレイするのがおすすめです。

前作でじれったく嫌だと感じたクイックタイムイベント(スティック操作やボタン操作でアクションをする)は今回も引き継がれていますが、前作ほど少なくなっていてイライラして操作するようなことはあまりありませんでした。エイデンの操作も新しい感覚で楽しかったです。また、前作のようにゆっくり動作のプレイヤーで謎解きのために動き回るということが少なかったように感じ、前作の悪いところが改善しているように感じました。

前作のようなヒューマンドラマではなく、SF的な内容、バイオハザード的な内容、メタルギアソリッド的な潜入任務など、一辺倒ではない様々な味付けがあってよかったと思います。

ラストでは感動すると思います。個人的にはホームレスのストーリーと荒野での出来事が印象に残っています。 ゲームっぽいゲームが好きな方より、ノベルゲームが好きな方に特におすすめできる作品です。とても良い余韻を残す作品でずっと記憶に残っています。

総合評価

★★★★★

総合評価の説明
★5つ:誰にでもおすすめできる神ゲー。キングオブ神ゲー。何周も遊べます。コスパ最高!
★4つ:神ゲー。PS3を持っているならぜひやってほしい。コスパ良し!
★3つ:ひとにより好みが分かれるところ。やって損はない。
★2つ:中古で安ければやってみるのもあり。
★1つ:あまりおすすめできません。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけると嬉しいです。

ゲームレビューランキング にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました