スポンサーリンク

【PS3】Heavy Rain 心の軋むとき 紹介&評価

★4
スポンサーリンク

Heavy Rain 心の軋むときをプレイしました。海外のビックタイトルである本作品ですが、コスパの高い神ゲーかどうか評価しました。

このブログではコスパの高いPS3のソフトを
紹介しています。説明はこちらをどうぞ

今PS3をやるメリット(コスパ最高)

ゲーム内容

  • ミステリーアドベンチャーゲーム
  • 2010/2/18 発売
  • プレイ時間 約20時間 

折り紙殺人という連続殺人を舞台とした4人の主人公を操作したゲームです。ノベルゲームのように選択でストーリーが変化します。ノベルゲームと違う新しさとして、主人公が死んだとしても基本的にバットエンドはなく、その状態でストーリーが進みます。エンディングにいろんなパターンがあるのでそれを楽しめます。

スティック操作やボタン操作でアクションをする、クイックタイムイベントでストーリーを進めていきます。シンプルな操作ですが、主人公と一体感を得られるような考慮や演出をされています。

ディレクター曰く、”大人向けのゲーム”を目指したそうで、リアルさ繊細さ奥深さを表現したストーリーメイクです。

全体的に暗い雰囲気が漂っています。雨が降っている中を歩き回るためだと思いますが、暴力的なシーンもたくさんあります。

折り紙殺人の謎を解いていきます。犯人は意外な人物です。

プレイ感想

全体的なストーリーは素晴らしいです。さまざまな細かい演出により感情移入するところもたくさんあり、ノベルゲームとは違った楽しみ方が特徴です。ストーリーは”大人向けのゲーム”ということもあり、かなり奥深い内容です。 難しい小説のようなずっしりと重い内容でした。

アクション要素などで使用するクイックタイムイベントでのボタン操作は正直じれったいところもあります。序盤からちょっとした動作(飲み物を飲む、冷蔵庫を開ける、意味なく座る)でもこの操作要求があり、サクサク感がないと感じていました。 ただ、これはプレイヤに緊張感・臨場感や感情移入をさせるための演出でもあり、ゲームとしては新たな試みでもありました。

最初のプレイでは主人公の一人を早めに死なせてしまいました。また父親が本来子供を助けたいところですが、ボタン操作に失敗しできませんでした。2周目ではこれらを変えることで違うエンドを見られるかと思いますが、全体的に時間のかかるゲームなので、2周目はまだためらっています。内容を忘れてきたときにもう一度やりたい作品です。1周でも全体のストーリーは楽しめます。

総合評価

★★★★☆

総合評価の説明
★5つ:誰にでもおすすめできる神ゲー。キングオブ神ゲー。何周でも遊べます。コスパ最高!
★4つ:神ゲー。PS3を持っているならぜひやってほしい。コスパ良し!
★3つ:ひとにより好みが分かれるところ。やって損はない。
★2つ:中古で安ければやってみるのもあり。
★1つ:あまりおすすめできません。

ブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけると嬉しいです。

ゲームレビューランキング にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました