スポンサーリンク

今PS3の神ゲーをやるメリット

スポンサーリンク

PS3は神ゲーの宝庫

プレイステーション(PS)の歴史は長く、PS1から現在PS4まで発売していていますが、2020年にはさらにPS5が出ようとしています。その中でもおすすめなのがPS3で、理由はPS3は名作(神ゲー)が多いからです。プレイステーションの進化も紹介しつつPS3の神ゲーの魅力を解説していきたいと思います。

プレイステーションの歴史

プレイステーション1(1994年)

プレイステーション1

1994年に登場した初代のプレイステーション。ソフトのメディアはCD-ROMでデータ記録はメモリーカード(120kB)でした。3D描写(ポリゴン)を得意とした次世代機でした。ロードが長く、3枚組などの長編RPGの多い印象でした。当時のライバルはニンテンドー64だったと思います。

代表作としては、リッジレーサー、クラッシュ・バンディクー、ファイナルファンタジー、バイオハザード、メタルギアソリッド、ビートマニア、チョコボ、ゼノギアス、エアガイツ、モンスターファーム、街などがありました。

ファイナルファンタジー7が1000万本売れたそうです。全タイトル数は3290ソフトで、プレイステーションシリーズで最もソフトを出しています。売れまくって利益を出していたのものありますが、開発のコストが低かったようです。

プレイステーション2(2000年)

プレイステーション2

2000年に発売したプレイステーション2ですが、ハードは進化しさらにきれいな3D描写ができるようになりました。ソフトのメディアはDVDでデータ記録はメモリーカードは8MBに増えました。当時のライバルはニンテンドーゲームキューブだったと思います。

代表作としては、デビルメイクライ3、ガンダムvs.Zガンダム(アーケード)、メタルギアソリッド3、アーマードコア3、鬼武者3、戦国無双、蚊、かまいたちの夜3、ANUBIS ZONE OF THE ENDERS、モンスターハンター2(dos)、竜が如く2などがありました。 

全タイトル数は2876ソフトでこれもかなり多いです。現在世界で一番売れたゲーム機で、全世界での販売台数が1億5000万台以上が売れたそうです。

プレイステーション3(2006年)

プレイステーション3

ソフト媒体がブルーレイになって6年ぶりにプレイステーションが進化しました。解像度の高いフルHDにまで対応していて、もはやポリゴン感のまったくない3D描写が出来るようになりました。HDD内蔵により、メモリーカードはいらなくなりました。当時のライバルはXBOX360でしょうか。

発売当初さまざまな都市伝説がありました。高熱すぎるので内部で卵焼きができるとか、高性能すぎるCPUのために軍事利用されてしまう、などを聞いたことがあります。

全タイトル数はぐっと少なくなり、800~ソフトくらいだそうです。原因はソフトの開発費が高くなってしまったからで、PS2の6倍以上の開発費がかかるそうです。その開発費を回収するためには最低でも10万本以上の売り上げが必要だそうで、このような開発環境がソフト数低下に影響しています。逆に言うと、内容の濃い作品の比率が増えたのではないでしょうか。これがPS3に神ゲーが多い理由のひとつかと思っています。

プレイステーション4(2013年)

プレイステーション4

7年後の2013年にプレイステーション4が発売されました。更なるグラフィックの進化とネットワーク機能の強化、またマルチなオンラインサービスの導入がありました。一般ユーザーの体感としては、機能のクオリティの向上という印象で、これまでのような画期的な進化はなかったかなと思います。オンラインで友達とプレイする人にとっては素晴らしい環境になったと思います。

全タイトル数はさらに少なくなり、200~ソフトくらいだそうです。PS3と同じく、ソフトの開発にお金がかかるため、ソフトの数が限られています。また、体感レベルですが、ソフトの価格が高くなっているように感じます。

プレイステーション5(2020年予定)

2019年末の段階ではまだ発売されていませんが、PS4からの7年後にPS5が発売予定です。

プレイステーションの歴史から見るPS3に神ゲーの多い理由

ハードの性能とボリュームという観点でいうと、PS3でかなり完成形に達していると思います。PS3の段階でグラフィックはすでに十分以上にきれいになっていて、PS4と比較しても体感レベルではそこまで圧倒的な差があるようには感じません。

PS3から開発費が上がった影響で全体ソフト数が少なくなっていますが、その反面、内容の濃いソフトが多いです。それでもPS3はPS4と比べると4倍近い量のソフトがあります。

つまり、PS3には必要十分なグラフィックで内容の濃い神ゲーが、PS4の4倍くらいの量があるだろうということが言えると思います。

PS3ソフトはコスパが高い!

私は一つのゲームをずっとやるよりいろんなゲームを楽しみたいほうです。理由としては、そのほうがいろんな感動に出会えるからです。たとえて言うならば、一つのドラマシリーズをずっと見るより、2時間の映画をいろいろ見たいタイプです。

ゲームに話を戻すと、そのような私の趣向とマッチするのがPS3の過去の神ゲーをすることです。理由は、今PS3をプレイすることはコスパ(満足度)が非常に高いからです。

ゲームプレイのコスパとは?

ここでいうコスパですが、作品の面白さを購入価格とプレイ時間で割ったものです。計算式にするとしたら下記のようになります。

コスパ(満足度)=作品の楽しさ/(購入価格×プレイ時間)

つまり、作品が面白いことは重要ですが、そのソフトを安い価格で購入できて、またさくっとプレイ時間短めでプレイできることを”コスパがいい”とここでは定義しています。

購入価格

2019年時点でPS3ソフトの中古ソフトの価格はとても安くなっています。アマゾン経由での中古業者から購入する場合、送料を入れても500円~2000円ほどで過去の神ゲーを楽しむことができます

最悪、プレイしてみて合わないと感じたらそこでプレイをストップするのも決断ですが、低コストで購入したのなら踏ん切りがつきます。

プレイ時間

プレイ時間の観点で見た場合、PS4には超大作が多く、中規模作の数が比較して少ないのかなと思います。PS4の超大作も素晴らしいですが、プレイ時間が50時間を超えてくるとちょっと私の趣向から外れます。たとえば、モンハンとマインクラフトを過去にプレイしたことがあり、どちらもとても楽しいのは知っているのですが、時間を無駄にしている罪悪感のようなものがあります。この時間があったらPS3の神ゲーを5つくらいできたかもしれません、しかも低コストで。(中古購入の場合ですが)

最小のプレイ時間で最大の満足度を味わうのがコスパです。もちろん、プレイ時間を重ねることで達成感を味わえるものもありますが、プレイ時間が何百時間になるのもどうかと思います。これは個人の価値観なので何とも言えないところもありますが。

グラフィック

これは個人的な意見ですが、グラフィックの綺麗さは作品の楽しさとそこまで直結していません。たとえば、グランドセフトオート5はPS3とPS4でソフトが出ていて、PS4のほうは圧倒的グラフィックで素晴らしいですがストーリーは同じです。PS3のグラフィックでもなんら問題があるわけでもなく、PS3でも十分作品を楽しめます。

PS3の画質でもストレスがあるほど悪いわけではなく、PS3でも十分作品を楽しめます。PS2にも神ゲーがありますが、さすがに今からこの画質でプレイするのはストレスがあり、さすがに内容も古いです。

コスパが高いPS3のオススメなプレイスタイル

これまでの説明からPS3の神ゲーをやるのは非常にコスパが高いと感じてもらえたと思います。コスパの高いPS3でオススメなプレイスタイルがあるので、これもぜひ紹介したいと思います。

それは”PS3の神ゲーをやりこみ要素をせずに何作品もどんどん回す”というプレイスタイルです。ただ、これは好みがあるのでオススメできる人とできない人がいます。下記にその条件を書きましたので、これに合う人はぜひこのサイトで紹介している神ゲーをプレイしてみてください。

こんな人にオススメです!

  • フルタイムで働いていたり家族持ちだったりで絶対的なプレイ時間が確保できない方
  • オフラインがメインの方
  • 一つのゲームをずっとやるよりいろんなタイトルを遊びたい方(やり込み要素を追求しない方)
  • ずっとゲームをしていると家族の風当たりが悪くなる方
  • 最近ゲームやってないなぁ、何かやりたいなぁ、PS4を買うのもなぁ、PS3はあるけど。。。っていう方(意外とこういう人は多いと思う)

こんな人にはオススメできない。。。

  • 話題になっている最新のタイトルで遊びたい方
  • 友達などとオンラインでわいわいやりたい方
  • ゲームの画質にこだわりのある方
  • やり込み要素もやりきった後にやっと満足できる方

まとめ

PS3の神ゲーをやる魅力を伝えてきましたが、いかがでしたでしょうか?万人に受ける内容ではないですが、内容が刺さった人もいると思います。最後にオススメなプレイスタイルを紹介していますが、これなら忙しいサラリーマンもまたゲームに戻れるかもしれません。さくっとできるスマホゲームもいいですが、やはりハード機のボリュームには勝てません。

このブログではPS3の神ゲーについて紹介しています。それぞれのタイトルを実際にプレイしたレビュー結果と、それのランク付けもしています。自分に合いそうな神ゲーが見つかったら、ぜひ購入してプレイしてみてください。


ブログランキングに参加しています。
↓クリックして応援していただけると嬉しいです。

PS3ランキング にほんブログ村 ゲームブログ PS3・PS2へ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました